• CN
  • EN
  • ES
  • RU
  • JA
  • PT

精城セラミックは60メートルのガストンネル窯を建設し、品質生産量はまもなくダブルブレー

Time:2022-10-31    Author:KINGCERA    Reader:


 
産業のグレードアップを実現するために、ここ2年の精城セラミックは大量の財力を投入して新しい設備を追加し、新しい技術を研究開発し、数ヶ月前に紡錘式揚焼ガス窯を建設し、生産を開始したことで精城の陶磁器のサイズ、パイプの長さの上限を大幅に向上させ、今回建設された60メートルの天然ガストンネル窯はさらに精城のセラミック生産量と品質をアップすることができる。
 
このトンネル窯の長さは60メートルに達し、ガスを原料とし、保存的な推定スループットは8トンを超え、精城のすべての電気窯の総和に相当する。電気窯は柔軟で、温度調節は簡単で便利だが、断面が小さく、大きなものを焼くことができず、エネルギー消費が高く、コストが高い。比較的に、60メートル天然ガストンネル窯の優位性は明らかで、具体的には以下のいくつかの方面に現れている:
1、省エネ:試算により、このガス窯のエネルギー消費量は電気窯に比べて著しく低下した。この項目に基づいて、精城は品質を保証する情況の下で適切に取引先に利益を譲って、製品の価格を調整することができる。
 
2、製品寸法の突破:電気窯は熱源の放射範囲の制限のため、寸法は大きすぎるべきではありませんが、ガス窯はこの影響を受けません。このガス窯の内部空間は大きく、高さは高く、セラミックの生産量を向上させ、大サイズの陶磁器製品とより長いセラミックパイプを焼成することができる。
 
3、生産能力の向上:生産能力が不足し、供給が需要に追いつかないことは精城の発展速度を制限する主要な要素の一つであり、60メートル天然ガストンネル窯の出現はこの苦境を大いに緩和し、精城セラミックの生産量は質の飛躍を実現するだろう。
 
4、歩留まりを高める:ガス窯は渦巻き状熱源で、死角がなく、セラミックスは熱を受けてより均一で、焼成周期が短く、歩留まりが大幅に向上し、製品の外観もより美しくなる。
 
5、電力制限の危機に対応し、持続的で安定した生産を保証する:ここ2年、全国各地で電力制限の状況が現れ、セラミック企業は高エネルギー消費企業に編入され、精城セラミックもその中にあり、電力使用のピーク時に何度も電力使用を制限され、窯止めを余儀なくされ、納期に影響を与えた。ガス窯は天然ガスを燃料とし、電力制限の危機に対応し、持続的で安定した生産を保証することができる。
 
精城の60メートル天然ガストンネル窯の建設はすでに終わりに近づいており、11月中旬に完成する予定で、その時、精城のセラミック品質生産量はダブルブレークを迎える。企業が発展するには、必要な設備は投入しなければならない。精城特磁は絶えず自己を突破し、顧客により良質な製品とサービスを提供する。
 
 

 

 
下一篇:没有了